顔脱毛のメリットとディオーネメリッt

脱毛に興味がある人が頭を悩めるのが「顔脱毛」ではないでしょうか。顔脱毛は、脱毛サロンでは全身脱毛の中に含まれていることが多いものの、クリニック(医療脱毛)では別扱いになっていることがほとんどです。顔脱毛は決して安いものではないので、顔脱毛選びは慎重になりたいところですよね。

そもそも顔脱毛をする必要があるのか?顔脱毛の効果はあるのか?など、顔脱毛に疑問を持っている人は少なくないでしょう。そこで、脱毛おすすめ.jpでは、顔脱毛をしたいけど後悔したくないという方や、顔脱毛をすべきか迷っている方に向けて、顔脱毛のメリットとデメリットを徹底的に解説します。

目次

顔脱毛のメリット

まず始めに、顔脱毛にはどのようなメリットがあるのかを理解しましょう。顔脱毛には毛穴が目立たなくなる、ニキビ予防、化粧ノリが良くなるなどたくさんのメリットがありますよ。

毛穴が目立たなくなる

顔脱毛をすると毛穴が目立たなくなります。毛穴が目立つ現象は毛穴に詰まった皮脂やメイクなどの老廃物が酸化して黒ずむことで起こります。「イチゴ鼻」や「たるみ毛穴」といった症状がこれに該当します。顔脱毛をすることで、産毛がなくなり毛穴の中がスッキリして不純物が溜まりにくくなるため毛穴が目立たなくなるのです。

ちなみに、顔脱毛をすれば毛穴がなくなると言われていますが、それは誤解であり毛穴はなくなりません。あくまでも、汚れが落ちやすくなるため「毛穴が目立たなくなる」というだけです。

ニキビや肌荒れの予防効果がある

顔脱毛をするとニキビなどの吹き出物が出来にくくなります。ニキビなどの吹き出物は毛穴に詰まった汚れが原因で炎症を起こした状態です。しかし、顔脱毛をすれば毛穴が清潔に保てるため、ニキビなどの炎症を防げるのです。

化粧ノリが良くなる

顔脱毛の大きなメリットと言えるのが「化粧ノリが良くなる」ということでしょう。顔脱毛をすることで産毛がなくなり、肌とファンデーションなどの化粧下地の密着度が高まります。この結果、化粧崩れが起こりにくくなり、目立ちがちな毛穴もしっかりカバー出来るため、化粧ノリが良くなったと感じるようになるのです。

自己処理から解放される

顔脱毛をすることで自己処理の手間やストレスから解放されるようになります。顔脱毛をすれば、鼻の下の産毛や眉間、眉毛などの自己処理が不要になります。このことは、時間やストレスだけでなく、自己処理による傷などの肌トラブルリスクからも解放されるということです。

肌質が改善される

顔脱毛をすると肌質が改善されます。これは、毛穴の産毛がなくなることで汚れが溜まりにくくなり、化粧水や保湿剤などが浸透しやすくなるためです。この結果、肌の保湿力が向上して乾燥肌やくすみ肌が改善されます。肌質が改善されると、美肌効果や肌がワントーン明るく見えるという効果もあります。

顔脱毛のデメリット

顔脱毛のデメリットも理解しておきましょう。顔脱毛には、コスト、痛み、毛嚢炎や火傷のリスク、アフターケアに手間がかかるなどのデメリットがあります。

コストがかかる

顔脱毛は脱毛サロンやクリニック(医療脱毛)で受ける必要があるためコストがかかります。顔脱毛だけが受けられる脱毛サロンのディオーネは72,000円/12回、ジェイエステでは97,200円/12回です。また、必ずしも12回でツルスベになる訳ではないので、毛が濃い人の場合はさらに追加料金がかかる場合があります。

顔脱毛が受けられるクリニックでは、リゼクリニックが99,800円/5回、レジーナクリニックが96,000円/5回なので、顔脱毛には10万円程度のコストがかかると考えて良いでしょう。

痛みがある

顔脱毛は痛みを伴います。脱毛サロンやクリニックいずれにおいても施術時の痛みは避けられません。輪ゴムで弾かれるような痛みがあり、皮膚が薄く骨に近い顔は痛みを感じやすいとされています。

毛嚢炎や硬毛化のリスクがある

顔脱毛をすると毛嚢炎や硬毛化のリスクが生じます。毛嚢炎は脱毛によって開いた毛穴に細菌が入ることで生じる炎症で、ニキビに似ています。また、硬毛化は脱毛によって毛が硬く、太くなる症状のことです。硬毛化の原因は不明ですが、脱毛を続けることで解消できると言われています。

火傷のリスクがある

顔脱毛は火傷のリスクがあります。脱毛サロン、クリニックいずれも火傷が起こらないように照射パワーを調整するため過度な心配は不要ですが、ほくろ、ニキビ、シミなどの色素沈着がある部分では火傷する可能性があることを知っておきましょう。

アフターケアに手間がかかる

顔脱毛はアフターケアに手間がかかります。とくに施術直後は保湿ケアと紫外線対策に気を配る必要があります。この理由は、脱毛によって一時的に肌バリアが低下するためで、ケアを怠るとシミや肌の赤みが起こる可能性があります。顔脱毛に通う半年から1年以上の間、ケアを継続しなければいけないため人によっては負担に感じるかもしれません。ケアにかかるコストも念頭に置いておく必要があります。

脱毛サロンと医療脱毛のメリット・デメリット比較表

顔脱毛は脱毛サロンとクリニックによってメリットとデメリットが異なりますので、それらの違いを理解しておきましょう。
   
脱毛サロン 医療脱毛(クリニック)
効果 低い
(減毛・抑毛)
高い
(半永久的な脱毛)
痛み 少し痛い 痛い
回数 12回から18回 5回から8回
期間の目安 1年半から2年 8ヶ月から1年半
範囲 狭い 広い
医師によるサポート なし あり
料金の目安 ジェイエステ:97,200円/12回
ディオーネ:72,000円/12回
銀座カラー:173,400円/24回
レジーナクリニック:96,000円/5回
GLOWクリニック:92,000円/5回
アリシアクリニック:180,000円/5回
湘南美容クリニック:49,680円/6回
リゼクリニック:99,800円/5回
脱毛調査員脱毛調査員

脱毛サロンで顔脱毛プランがあるのは、ジェイエステ・ディオーネ・銀座カラーです。その他の脱毛サロンでは全身脱毛プランに顔脱毛が含まれるか、特定の部位を指定して照射する単発式コースを利用する必要があります。脱毛サロンの場合、顔脱毛を含んだ全身脱毛プランを受けるのがお得ですよ。

医療脱毛(クリニック)はどこも顔脱毛のみのプランに対応しているので、顔脱毛だけをするなら医療脱毛がおすすめです。アリシアクリニックは顔脱毛だけだと割高なので、全身脱毛5回コース(198,000円)に顔脱毛をプラスすると顔脱毛が「60,000円」になるのでお得ですよ。

顔脱毛を選ぶ際のチェックポイント

顔脱毛をする際には脱毛サロンまたはクリニックを選ぶ必要があります。その際に重視してほしいチェックポイントをご紹介します。

顔脱毛の範囲が広いか確認しよう

顔脱毛の範囲は脱毛サロンやクリニックで異なります。そのほとんどは「頬・あご・おでこ・フェイスライン・鼻下・小鼻周辺・口周辺」が対象ですが「もみあげ・眉間・眉毛・髪の毛の生え際・まぶた・耳」は対象外になっている場合もあります。

高いコストを出すのだから少しでも範囲が広く、自分が望む範囲をカバーしている脱毛サロンもしくはクリニックを選びましょう。顔脱毛の範囲は無料カウンセリングの際に確認することをおすすめします。

痛みが少ない蓄熱式脱毛を選ぼう

顔脱毛は痛みを感じやすいため、痛みが少ない脱毛方式を採用している脱毛サロンやクリニックを選びましょう。とくに「脱毛方式」は痛みに直結する要素ですので、無料カウンセリングの際に確認することをおすすめします。

一般的に「蓄熱式脱毛(SHR方式)」は痛みが少ない脱毛方式と言われていますので、蓄熱式脱毛を採用しているSTLASSHディオーネなどの脱毛サロンを始め、リゼクリニックアリシアクリニックなどがおすすめです。

顔脱毛のメリット・デメリットまとめ

顔脱毛で後悔しないためにも、予め顔脱毛のメリットとデメリットを理解することは大切です。料金だけで決めずに痛みや範囲なども考慮してご自身に合った脱毛サロンやクリニックを選びましょう。また、比較しやすいように2社以上の無料カウンセリングを受けることをおすすめします!