脱毛に挑戦したいけど痛みが心配という人は多いのではないでしょうか。エステ脱毛と医療脱毛では痛みに違いがあるのか、脱毛に関する口コミでは痛みについての意見は人によって様々です。

そこで今回は、脱毛の痛みについて不安をお持ちの方へ「脱毛と痛みの関係性」を始め「痛みが起こりやすい部位」や「痛みの程度」などの気になる情報に加えて、「痛みが少ないおすすめの脱毛サロンやクリニック」をご紹介します。

脱毛と痛みの関係性を理解しよう

まずはじめに、脱毛の痛みは必ずあるということを理解しましょう。

そして、脱毛と痛みの関係性を理解するためには「脱毛サロンとクリニックでは脱毛方式に違いがある」ことを知る必要があります。

現代の脱毛は大きく分けてエステ脱毛と医療脱毛がありますが、それぞれで施術方式が異なり、エステでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が用いられています。いずれも似たような機材を使用しますが、波長や照射力に大きな差があります。

脱毛サロンの光脱毛方式とは

光脱毛は、医師の資格を持たない人でも扱えるほど低出力で安全性が高く、痛みが少ないことが特徴です。その反面で、脱毛効果を実感するまでに数年単位の時間が必要とされています。また、毛根を完全に破壊できないため、永久脱毛と言うよりも減毛に近い効果と考えるといいかもしれません。

クリニックのレーザー脱毛方式とは

レーザー脱毛は、医師の監督の下でしか施術が許されていない高出力の医療用レーザー脱毛機を使用します。毛根を完全に破壊できるため永久脱毛が可能ですが、高出力であるが故に痛みを伴いやすいとされています。近年では、痛みを大幅に抑制した機種や新しい脱毛理論が広まりつつあります。

どれくらい痛いの?

脱毛の痛みは個人差があるものの「輪ゴムで弾かれる程度」と表現されます。人によっては、ほとんど痛みを感じなかったということもあれば、思わず声が出る程に痛かったということもあります。

脱毛による痛みは、体の部位や照射力の加減、肌色、肌質、毛質などの様々な条件によって異なるため、痛みの程度は一概には言い表しにくいことを知っておきましょう。

どこの部位が痛いの?

脱毛の痛みは主に「太い毛が密集している部位」や「皮膚や脂肪が少ない部位」で生じやすいとされています。全身脱毛のなかでも最も痛みがある部位はVIO、ワキ、そして顔や指先です。

・VIO

脱毛の際に最も痛みを感じやすいのがVIO(デリケートゾーン)です。太い毛が密集し、なおかつ皮膚が薄いことが要因です。加えて、施術時間が長くなりがちなため痛みに耐える時間も長くなります。

・ワキ

ワキには太く硬い毛が密集しているため、痛みを感じやすいとされています。VIOよりも脱毛の対象範囲が狭いため我慢出来る程度の痛みです。

・顔や指先

顔や手足の指先は産毛が集中しているため照射力を強める必要があります。その結果、痛みを伴いやすいとされています。また、脂肪が少ない部分なので他の部位よりも痛みを感じやすくなります。

なぜ脱毛で痛みがあるの?

脱毛の痛みは熱によるものです。脱毛の基本原理は、毛根部にある黒い色素(メラニン色素)に光を吸収、発熱させることで発毛組織を破壊することです。この発熱時に皮膚へ熱が伝わることを痛みとして認識するのです。

痛いほど効果があるの?

脱毛の痛みと効果は一定の比例関係があります。脱毛で痛みが生じるということは、メラニン色素に光が反応している証拠であるためです。事実、痛みが強いとされる医療脱毛では脱毛効果が高く、エステ脱毛は痛みが少ない分、脱毛効果が低い傾向があります。

ただし、痛ければ痛いほど脱毛効果が高いということや、痛みがないから効果がないという訳ではありませんので注意しましょう。

回数を重ねると痛くなくなる?

施術回数が増えると同時に痛みも減少します。この理由には、毛が減少することや、照射力を強める必要がなくなること、さらに施術時の痛みに対する慣れなどが挙げられます。ひとつの目安として、エステ脱毛では5回目、医療脱毛では3回目くらいから痛みが和らいでくると言われています。

脱毛で痛みを感じやすい人の特徴

脱毛で痛みを感じやすい人にはいくつかの特徴があります。

乾燥肌の人

乾燥肌や敏感肌の人は脱毛で痛みを感じやすいとされています。これには、肌バリア機能の低下が影響しています。水分が少ない肌は外部からの刺激に弱い状態のため、脱毛時に痛みを感じやすいのです。

日焼け肌や色黒肌の人

日焼け肌は軽度の炎症症状であるため、乾燥肌のように肌バリア機能が低下し、外部からの刺激に弱い状態です。また、色黒肌の人は黒色のメラニン色素に反応するレーザーの特性上、色白肌と比較して肌に熱が伝わりやすく、痛みを感じやすい傾向があります。

ホルモンバランスが乱れがちな人

生理前後はホルモンバランスが乱れやすくなるため、肌が敏感な状態になります。生理の際に肌が荒れることがある人は、肌バリア機能が低下している証ですので、脱毛時に痛みを感じやすくなります。

脱毛の痛みを和らげる方法とは

脱毛の痛みは日頃から保湿対策を入念にすることで和らげることが可能です。また、脱毛を始める前に麻酔などの痛み対策に注力しているサロンやクリニックを探すことも大切です。

保湿対策をしよう

脱毛の痛みを和らげる最も基本的な対策が保湿です。施術日の前後だけでなく、日頃から徹底して保湿を心がけて、肌バリア機能の低下を防ぐことが肝心です。

ロキソニンなどの痛み止め薬を活用する

施術後に痛みが続くことを考慮し、鎮痛剤として広く流通している市販薬のタイレノールやイヴ、医師による処方が必要なロキソニンなどの服用があります。

麻酔を選択する

医師が在籍するクリニックに限定されますが、脱毛の際に麻酔を利用することで痛みを和らげることも可能です。主に、麻酔クリーム、麻酔テープ、笑気麻酔などがあります。ただし、ほとんどの場合で別料金になるので注意しましょう。

痛みに配慮したサロンやクリニックを調べる

脱毛サロンもクリニックもそれぞれ痛みを和らげる工夫を凝らしています。なかでも、最新型の脱毛機を導入しているかは重要なポイントです。また、カウンセリングの際にテスト照射を体験できるかどうかも確認してください。

脱毛サロンでは冷却ジェルを使用したり、施術後にクールダウン出来るスペースを設けている場合もあります。クリニックでは冷却装置を併用した脱毛や、レーザーよりも痛みが少ない蓄熱式脱毛機を導入していることも痛みを回避するポイントです。

脱毛の痛みが少ないおすすめの脱毛サロン

ディオーネ

痛みが少ない新脱毛方式のハイパースキン脱毛を採用しているのが「ディオーネ」です。熱で毛根にダメージを与えるのではなく、体温と同じ程度の低温処理で毛の種となる細胞を破壊します。痛みの少なさから乾燥肌や敏感肌の人、子どもにも対応できるほどとされていることから、脱毛の痛みを避けたい人におすすめです。

STLASSH

従来のエステ脱毛と比較して痛みが3分の1とされるSHR脱毛が好評の「STLASSH 」も脱毛の痛みが心配という人におすすめです。産毛や日焼け肌の人にも対応でき、スピード脱毛も可能です。全身脱毛が最短6ヶ月で完了するのもおすすめポイントです。

脱毛の痛みが少ないおすすめのクリニック

リゼクリニック

脱毛の痛み軽減に取り組む「リゼクリニック」は、痛みが少ない蓄熱式脱毛機や、施術前後でも入念なクーリングを実施するため痛みに弱い人にもおすすめです。笑気麻酔と麻酔クリームがあるので、部位によって麻酔の使用を相談するといいでしょう。

湘南美容外科

痛みが少ない脱毛を可能にした蓄熱式脱毛機のメディオスターNeXT PROを採用している「湘南美容外科」は、業界最大手であることや豊富な症例実績、低料金という点でもおすすめです。クリニックならではの麻酔処置もあるので安心です。