VIO脱毛痛み

VIO脱毛に興味があるけれど何よりも痛みが心配という人は多いと思います。

結論、VIO脱毛は脱毛サロン、クリニックのどちらも痛みを伴います。また、「脱毛サロン」と「クリニック(医療脱毛)」では、使用する脱毛方式が異なるため、当然ながら痛みの程度も異なります。

そこで、「脱毛サロンで使われているフラッシュ脱毛のVIO脱毛の痛み」と「クリニックのVIO脱毛の痛み」についてご紹介します。さらに、VIO脱毛の痛みが少ないおすすめの脱毛サロンやクリニックも合わせてご紹介します!

これを読めばVIO脱毛の痛みについてよく分かるようになりますよ!

トピックス

フラッシュ脱毛のVIO脱毛の痛み

脱毛サロンのフラッシュ脱毛では、VIO脱毛の際に「輪ゴムで弾かれるような痛み」を伴います。

フラッシュ脱毛は、クリニックのレーザー脱毛と比較すると痛みは少ないですが、刺激に弱い「Iライン」と「Oライン」は痛みを感じやすいです。

さて、フラッシュ脱毛には「IPL方式」「SSC方式」「SHR方式」と3種類があることをご存知でしょうか?

脱毛サロンによって脱毛方式は異なり、使用される機材も異なります。つまり、脱毛サロンによってVIO脱毛の痛みは異なります!

そこで、各脱毛方式ごとにどれくらいの痛みを感じるのかご紹介していきます。

IPL方式(Intensive Pulse Light)

キレイモ・銀座カラー・恋肌などの脱毛サロンで採用されている脱毛方式で、照射した光を毛(黒色のメラニン色素部分)に反応させてダメージを与えることで脱毛します。毛が濃い人や毛が太い人の場合、痛みを伴います。

SSC方式(Smooth Skin Control)

ミュゼプラチナムや脱毛ラボが採用している脱毛方式です。抑毛成分入りのジェルを塗り、光を照射することで毛穴に抑毛成分が浸透し脱毛します。ジェルに痛みを和らげる効果があるため、VIO脱毛でもほとんど痛みを感じないという特徴があります。

SHR方式(Super Hair Removable)

STLASSH(ストラッシュ)や脱毛ラボで導入されている脱毛方式です。緩やかに熱を加えて、発毛因子を作るバルジ領域にダメージを与えて脱毛します。「蓄熱式脱毛」とも呼ばれ、VIO脱毛でも痛みがなく、ほのかに温かさを感じる程度です。

レーザー脱毛のVIO脱毛の痛み

クリニックのレーザーによるVIO脱毛は「輪ゴムで強く弾かれるような痛み」があります。

VIO脱毛経験者の口コミでは「思わず声をあげてしまうほどだった」という人もいれば、予想に反して「そこまでの痛みはなかった」という人もいます。医療脱毛でも痛みには個人差があることを覚えておきましょう。

医療脱毛では「熱破壊式ダイオードレーザー」「熱破壊式ヤグレーザー」「熱破壊式アレキサンドライトレーザー」「蓄熱式ダイオードレーザー」と4種類のレーザーが使われています。

それぞれ痛みが異なりますのでご紹介していきます。

熱破壊式ダイオードレーザー

医療脱毛業界で一般的に使われているレーザーです。VIO脱毛では痛みを伴いますが、レーザーの中では痛みが弱いことが特徴です。リゼクリニックや湘南美容外科などが採用しています。

熱破壊式ヤグレーザー

他機種よりも長い1,064mmの波長で毛根細胞に熱を加えて脱毛します。太い毛が密集するVIO脱毛に適していますが、痛みが最も強いと言われています。リゼクリニックやアリシアクリニックが導入しています。

熱破壊式アレキサンドライトレーザー

レーザーの中で最も波長が短く、メラニン色素に吸収されやすい(脱毛効果が高い)特徴があります。医療脱毛の定番とされていますが、痛みは強めです。アリシアクリニック、レジーナクリニックが採用しています。

蓄熱式ダイオードレーザー

他のレーザーは毛根細胞にアプローチするのに対して、毛根細胞に栄養を送る組織(バルジ領域)に熱を加えることが特徴です。VIO脱毛においては、他のレーザーと痛みの感じ方が異なり「熱い物が一瞬触れるような感覚」と言われています。リゼクリニックが導入しています。

VIO脱毛の痛みを軽減させる方法

痛みが苦手な方でも、施術ができるような対策を各サロンやクリニックで提供していますので不安な方は下記を参考に相談してみましょう。

照射パワーを調整してもらう

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も施術時に照射パワーを調整してくれます。

とくにVIO脱毛のように痛みを伴う部分では、施術者は確認しながら進行してくれますので、我慢せずにしっかり痛みを伝えることをおすすめします。

生理の1週間後を狙う

生理後7日目から10日目頃がおすすめです。この時期は卵胞ホルモンが分泌されるため、肌の状態が落ち着きやすくなります。外部からの刺激にも強い状態のため、痛みを感じにくくなります。対照的に、生理10日前から生理直後は肌荒れの原因となる黄体ホルモンが多くなるので、避ける方が無難です。

麻酔を使用する

クリニックのVIO脱毛では痛みを避けるために麻酔が使えます。

麻酔クリーム(皮膚麻酔)や笑気麻酔(ガス麻酔)のいずれかになりますが、別料金になるので注意しましょう。麻酔の平均価格は3,000円-5,000円/回です。

なお、脱毛サロンは医療機関ではないため麻酔は使用できません。

痛みの少ない脱毛サロン

  • STLASSH(ストラッシュ)の口コミと評判は?料金や効果など徹底調査!

    医療関係者が選ぶ脱毛サロン3年連続No.1(楽天リサーチ調べ)最短6ヵ月で脱毛完了のスピード脱毛に加え、痛みがほとんどないSHR脱毛(蓄熱式脱毛)を採用!痛くない&早い脱毛サロンならSTLASSH!
    お得なSTLASSHのキャンペーン適用で予約する

    痛みが少ない脱毛サロンと言えば「STLASSH」です。STLASSHではSHR方式の脱毛機を使用しているため、VIO脱毛でも痛みを感じることはなく、ほのかな温かみを感じる程度とされています。痛みがないにもかかわらず、施術回数は他の脱毛サロン同様に10-12回程度です。とにかく痛みを避けたい人におすすめです!

  • ディオーネの口コミと評判は正しいのか実際に体験に行ってみた

    ディオーネの脱毛は光脱毛やレーザー脱毛の痛みに耐えられなかったような人でも痛くないと好評です。その痛みの少なさは「3歳児から施術可能」というほどです。特に痛みが強いVIOや顔を脱毛したい方におすすめしたい脱毛サロンです!
    お得なディオーネのキャンペーン適用で予約する

    まったく痛みがないVIO脱毛が出来ると評判なのが「ディオーネ」です。ディオーネは、脱毛と同時に美肌効果もある脱毛機を使っているため、一石二鳥の脱毛です。体感温度38度のVIO脱毛は無痛で温かみを感じる程度なので、初心者さんにおすすめです。

痛みの少ないクリニック